パワーハラスメント対策が事業主の義務となります。

お世話になります。

藤田です。

 

2020年6月(中小企業は2022年4月)から職場における

パワハラ防止のため、雇用管理上必要な措置を講じることが

事業主の義務となります。

中小企業への適用は、2022年4月からとなっていますが、

少しづつ準備を進めて行くことに注意なさってください。

また詳細は、リーフレット等をご参照ください。

 

①職場におけるパワーハラスメントとは、以下の3つの要素をすべて満たすものです。

・優越的な関係を背景とした

・ 業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により

・就業環境を害すること(身体的若しくは精神的な苦痛を与えること)

 

②事業主・労働者の責務として法律上明確化されます。

【事業主の責務】

・職場におけるパワーハラスメントを行ってはならないこと等これに起因する問題

(以下「ハラスメント問題」という。)に対する労働者の関心と理解を深めること

・その雇用する労働者が他の労働者(※)に対する言動に必要な注意を払うよう

研修を実施する等、必要な配慮を行うこと

・ 事業主自身(法人の場合はその役員)がハラスメント問題に関する関心と理解を

深め、労働者(※)に対する言動に必要な注意を払うこと

【労働者の責務】

・ハラスメント問題に関する関心と理解を深め、他の労働者(※)に対する言動に

注意を払うこと・事業主の講ずる雇用管理上の措置に協力すること

※ 取引先等の他の事業主が雇用する労働者や、求職者も含まれます。

 

厚生労働省のリーフレット

厚生労働省のパンフレット